メンテナンス方法を学ぶ

>

コーティングを剥がさない

基本的にはスポンジを使う

その時についた汚れであれば、柔らかいスポンジで擦るだけでも綺麗に落とすことができます。
余計な力を入れないで、優しく擦ることがポイントです。
柔らかいスポンジを使っていたとしても、力加減を間違うとコーティングを剥がしてしまいます。
すると食材が焦げたりくっついたりするので、料理をおいしく作れません。

フライパンは毎日使うものなので、正しいメンテナンスを繰り返してください。
柔らかいスポンジだけでどうしても落ちない汚れがあった場合は、メラミンスポンジを使ってください。
メラミンスポンジは通常のスポンジより少し固く、こびりついた汚れでも落とせます。
自分でフライパンの汚れ具合を見極めて、どのスポンジを使うか決めましょう。

重曹を使う方法

フライパンも、食器用洗剤で洗うことができます。
しかしもっと汚れをスムーズに落としたい場合は、重曹を使ってください。
重曹は研磨剤と同じような効果を持っているので、頑固な汚れも軽い力で落とすことができます。
粉末状になっている重曹を、汚れのひどい部分に直接振りかけてください。
それから、スポンジで丁寧に擦りましょう。

重曹は、自然由来の洗剤という部分も嬉しいですね。
メンテナンスのために強力な洗剤を使っている人もいますが、人体に悪影響を与えることがあるので気を付けて使わなければいけません。
特に肌がデリケートな人は、荒れてしまう恐れがあります。
重曹なら人体に悪影響は与えないので、誰でも安全に使用できるでしょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑