メンテナンス方法を学ぶ

>

まな板のメンテナンス方法

食材によって変わる

木のまな板の洗い方は、どんな食材を切ったかによって変わります。
魚や肉など臭いの強いものや、汚れやすいものを切った場合は食器用洗剤を使って丁寧に洗ってください。
食材を乗せた面だけでなく、裏や横も洗うことを意識しましょう。
目には見えていなくても、その部分に実はバイ菌が付着している可能性があります。

しかし野菜や果物を切った際は、そこまでまな板が汚れません。
ですから、水洗いだけでも良いでしょう。
木のまな板に、漂白剤を使ってはいけません。
耐久性がないので、黒ずんだり割れたりする可能性があります。
他の素材に使って良いものも、木のまな板には使えないことが多いです。
また直射日光にも、当てないように注意しましょう。

熱湯で消毒をしよう

食器用洗剤を付けてまな板を洗った場合でも、まだバイ菌が付着しているかもしれません。
常にまな板は清潔な状態にしなければいけないので、仕上げに熱湯消毒をすることをおすすめします。
お湯を沸騰させてから、まな板にかけてください。
すると熱によって、バイ菌が死滅します。
熱湯をかけたあとは、しっかり布巾で拭きとりましょう。

濡れたままにしておくと、せっかく熱湯消毒をしたのに菌が繁殖して、最悪の場合はカビが発生してしまいます。
拭いたら、風通しの良いところで完全に乾かしましょう。
ここで乾燥機を使うと、まな板が壊れたり変形したりする可能性があるので絶対に使わないでください。
風通しの良いところに置くだけでも、まな板は乾きます。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑