メンテナンス方法を学ぶ

>

スムーズに料理が進む

使い続けている包丁

ずっと同じ包丁を使っていると、次第に切れ味が悪くなってしまいます。
包丁は消耗品だと、認識してください。
しかし一旦切れ味が悪くなっても、メンテナンスをすれば切れ味が復活するので、同じ包丁をずっと使い続けることができます。
コツは、完全に切れなくなる前に研ぐことです。

自分で研ぐ場合は、シャープナーを活用してください。
シャープナーについているヤスリに、包丁を数回擦りつけるだけで良いので、数秒でメンテナンスを終わらせられます。
砥石で研ぐのも良いですが時間が掛かりますし、砥石は大きいので収納に困るかもしれません。
シャープナーは手のひらに収まるぐらいコンパクトなものもあるので、取り出しやすいところに収納してください。

職人に任せる方法

完全に切れなくなった包丁を、自分で復活させるのは難しいです。
時間が掛かるので、専門家に任せた方が手っ取り早いでしょう。
費用が発生しますが、切れ味の良い状態に戻してくれるのでお気に入りの包丁をずっと使うことができます。
包丁を長持ちさせるために、普段から自分で研いでいる人でも、1年に1回は職人に任せると良いでしょう。

また包丁は、錆びつかないように管理しなければいけません。
洗った後は、よく水を拭き取ってから収納してください。
水がまだ残っていると錆びついて、使えなくなってしまいます。
柄の部分に水が溜まりやすいので、乾いたタオルでしっかり拭きましょう。
洗うことは毎日のメンテナンスなので、絶対に怠らないでください。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑