意外と知らない?調理器具のメンテナンス法

メンテナンス方法を学ぶ

スムーズに料理が進む

食材を簡単カットできるぐらい、切れ味の良い包丁を使ってください。 そのためには、定期的に研ぐことが重要です。 全く切れなくなった包丁は、専門家に研いでもらいましょう。 普段から自分でメンテナンスをしている人も、1年に1回ぐらいは専門家に任せると包丁が長持ちします。

まな板のメンテナンス方法

まな板には様々な素材が使われていますが、その中でも木が使われているまな板は、少しでもメンテナンスを怠ると使えない状態になってしまいます。 正しいメンテナンス方法を覚えて、これから実践しましょう。 木のまな板は、カビが生えないように管理してください。

切れる包丁を使おう

切れ味が悪くなった包丁を使っていると、うまく食材を切ることができません。
食材の見栄えが悪くなりますし、力任せに切ろうとすると、自分の指を切る可能性があります。
切れない包丁は、非常に危険な存在になると覚えておきましょう。
全く切れなくなった包丁は、自分で研ぐのが難しいと言われます。
その場合は、職人に任せてください。
ただ切りにくくなったばかりの包丁は、自分で研ぐことができます。
シャープナーを用意すると、手軽に研げるのでおすすめですね。
包丁が錆びつかないように、管理することもメンテナンスに含まれます。

素材に木を使っているまな板を、使っている人が見られます。
見た目も良いので、キッチンに出したままにしていても汚く見えない部分がメリットでしょう。
しかし木は、他の素材に比べてカビが生えやすいので注意してください。
魚や肉などを切った場合は、しっかり洗剤を使って洗いましょう。
しかし野菜や果物を切った時は、水洗いだけでも十分に汚れを落とすことができます。

フライパンの汚れを落とす際は、柔らかいスポンジを使うのが基本です。
しかしこびりついて落とせなくなった汚れのみ、メラミンスポンジを使っても良いでしょう。
底を強く擦ると、コーティングが剥がれて食材が焦げ付きやすくなります。
特に底は、優しい力で丁寧に洗いましょう。
洗剤の代わりに、重曹を使う方法もおすすめです。
重曹が研磨剤の役割を果たすので、頑固な汚れも綺麗に落とせるでしょう。

コーティングを剥がさない

フライパンの底は、コーティングされていることが多いです。 コーティングがあるおかげで、食材がくっつかずおいしい料理を作れます。 しかし雑に洗っていると、コーティングが剥がれてしまうので注意してください。 洗う時は、優しくすることを心がけましょう。

TOPへ戻る↑